関東は強めの雨が降ることが多いこの頃ですね大変ご無沙汰しております。
 教えに行っている学校の合宿・コンクール・文化祭と・・・忙しい日々が続いていたもので、なかなか更新できずすみません。今日は、吹奏楽部の子供達を教えていて、どの学校でも気になっていることです。

 長年吹奏楽やオケをやってきて、今は教える立場になって、思う事があります。フルート・ピッコロ奏者が最も悩まされるのは音程の事ではないでしょうか…?チューナーを見て合わせたはずなのに、合奏に入った時にどうもしっくりこない。他の楽器の音と当たる気がする。私もそういう経験をたくさんしてきました。
 ズバリ。そういう時にチューナーは全く当てにならないと言いたい!!もちろん自分の楽器のスケールの癖(上がりやすい、下がりやすい音)をチェックしたり、dim.をかけた時などにピッチが揺れないように練習するのには使います。しかし他人と音を合わせたりハモらせたりするのにチューナーを使うのは、はっきり言って無駄です。というか、それをしていたらハモらせられるようになれません。

 私は吹奏楽部を指導しながらも、自分が学生の頃からハーモニーディレクターが嫌いです(笑)そして、442Hzのシ♭を鳴らしながら、この音に合わせるまで許さないと言わんばかりの指揮者の目。そりゃあ、それに合わせられるかどうかというのも必要な技術の内ではあるかもしれませんが・・・。吹奏楽部時代は、機械に合わせられたって本番はそんなもの当てにならないじゃないか、とか、音程なんてもっと流動的なものじゃないのか?とモヤモヤが募るばかり
 大学に入ってから初めてオーケストラを経験しました。その合奏では、その集団が音楽を専攻する大学生だったからという事もあると思いますが、ハーモニーディレクターやチューナーといったものが登場することはありません。頼れるのは自分の耳だけ。何てシンプルなんだろうと思いました。そして、ハーモニーの取り方なんかを吹奏楽で鍛えてきたという自負があった癖に、オケではそんなものは僅かな手助けくらいにしかなりませんでした。それまで吹奏楽の大音量の中でいかに聞こえさせるか、いかに音程を合わせるか、ということに執着していましたが、オケで吹くことによって、大切なことはそんなことではなかったと気づかされていきました。

続きを読む