湘南茅ヶ崎のフルート教室

茅ヶ崎在住のフルート奏者の徒然日記
レッスンのこと、演奏のこと、その他もろもろ

2017年02月

今日明日は各地で子供達のソロコン…ソロのコンクールが行われています。フルートの教え子も何人か出場しますが、今日は私もちょっと演奏のお手伝いをしてきました…。いつぶりか分からない、ピアノ伴奏です(笑)
普段からレッスンではいつも伴奏を弾いていますし、録音に付き合って弾いたりもしていますので、いつもの延長ではあるのですが、本番で弾くのは久しぶりでした。しかもコンクールの本選なんて…
しかし学ぶ事が多かったので、そんな大事な本番で弾かせてくれた生徒に感謝です。一番の学びは、普段からもっとグランドピアノを弾かなければならないという事でしたが…(笑)

伴奏を弾いていると、吹いた事があった曲でも新しい発見がたくさんあります。なんで今までちゃんと伴奏譜を見なかったんだろう…なんて思いますが、ただ読むのと弾くのとはやはり全然違うものですね。
なので皆さんも、伴奏者が合わせの最中に音楽的に何かを提案してくれた時には、「えー?」と思わずにまずは乗っかってみてください。やってみて変ならやめれば良いだけです。少なくとも旋律を吹いているだけの我々よりも、伴奏者は曲を全体的に捉えて演奏してくれているはずです。もちろん時にはこちらからの提案も必要ですよ、特にブレスに関しては…。

てな訳で、ちょっとした役目を終えて少しホッとしている私でした…(._.)

 あっという間に1月が終わってしまいました今日の茅ヶ崎は冷えています
 さて今日は短い音を吹くときのちょっとした注意点についてです。息のスピードに気をつけた方が良いという話は、以前違う記事でも書いていたと思います。これは長い音でも短い音でも同じなのです。
 レガートのフレーズを吹くのと、細かいタンギングが続く部分を吹くのと、どちらが苦手かと聞かれたら、 おそらく多くの人が後者を選ぶのではと思います。長く伸ばす音はしばらくすると安定してくる場合が多いですが、短い音は一瞬一瞬で決めていかなくてはならないので緊張度も増しますし、技術的にも難しいと思います。
 例えば、カルメンの前奏曲。こういったタンギングばかりの部分を、全て鳴らすのは結構難しいです。まずスタッカートを全て取って吹いてみてください。
20170201091407
 スタッカートがある時とどちらが鳴らしやすいでしょうか?多くの方はスタッカートなしならば音が出ると思います。それなのに何故スタッカートになるとうまく音が出なかったりするのか・・・?
 難しいパッセージが現れると、力みが出たり息が速くなってしまう傾向にあることは以前書いたと思います。「スタッカートが続く」というのも苦手な人にとっては結構なストレスで、必要以上に息を使ってしまうのです。なので、スタッカートを取ってレガートで吹いた時の息のスピード感そのままで、スタッカートをつけるようにしましょう。音が長かろうと短かろうと、息のスピードそのものは変えないようにするのです。本当はスタッカートにはもっと細かくコツがあるのですが・・・まずは息のスピードに着目して練習してみてください

このページのトップヘ