湘南茅ヶ崎のフルート教室

茅ヶ崎在住のフルート奏者の徒然日記
レッスンのこと、演奏のこと、その他もろもろ

2017年05月

 トラヴェルソを初めて吹いたわけではありませんが、やはりこのしっとりした音色と低ーい音程がたまりません・・・(私は一応絶対音感ですが古楽器の音程に関してはスイッチを切ることができます、その代わりピアノの音程が440Hzなのか442Hzなのかは恐ろしく気になるというめんどくさい構造をしています)。
image モダンのフルートと違う点は多々ありますが、まず頭部管のコルクがむき出しである事に小さな驚き。モダンでは反射板というものがあり、歌口から覗くと壁が見えますよね。トラヴェルソはその部分がコルクむき出しで、水分が溜まったままだとかなり良くなさそう。モダンでもちゃんと拭き取らねばならないのですが、これはより気をつけてあげないと・・・。 (わかりにくい写真ですが、奥にコルクが見えますでしょうか・・・?)
 リコーダーで有名なアウロス社の楽器なので、かつて見たことのあるグリスが付属しています。以前ロウソクのロウをグリスにするんだという話も聞いたことがあるのですが、とりあえず今日は付属のグリスを塗りました。ジョイントはかなりきつめです。吹き終わった時にはグリスを拭き取りました。
image キィは右手の小指に一つだけ(モダンでいうEsキィに相当します)。パットがペラっと貼ってあり、よくこれで塞げているなぁと・・・この辺りも持ち運びの時には気をつけないといけませんね。このキィが合わなくなると、レ(D)はもちろん沢山の支障が出ること間違いなしです。
 運指はモダンと一致する部分が多々あります。しかも左手の親指に穴がなく、普段左手の小指で扱うGisレバーもありませんから、左手の支えはかなり自由に調整できます(筆者は小指が短いため非常に助かります)。しかしキィシステムが無い分、派生音(♯、♭がついた音)が来ると運指が複雑で多少の騒ぎになります。またEsキィを使うタイミングが違います。トラヴェルソではナチュラルのファ(F)やミ(E)を吹く時にもこのキィを離しておきます。そうしないとピッチがモダンピッチくらいまで上がってしまいます。でも中音のナチュラルのレ(D)やフラットのミ(Es)はモダンと同じ運指です。
 まだ自分の体に一番フィットするジョイントの角度や指の置き方が見つかっていないので、モダンより軽いのにちょっと疲れます。これを楽に支えられるポジションを探すのは、モダンのフルートを吹くのにも大変に役立ちそうです。
 今日は手始めにテレマンのトラヴェルソ用ソナタやら、シェドヴィル(出版時は勝手に「ヴィヴァルディ作」と書いて売っていた)のソナタやら、昔モダンで吹いた曲を片っ端から吹いてみました。たまに指がごっちゃになりますが、慣れれば意外と大丈夫です。基本がD管(ニ長調の管)なので、ト長調やニ長調などシャープ系の曲は比較的簡単に演奏できます。逆にフラットが来るとプチパニックです。これが本来のフルートの調性感覚なんですねぇ・・・。モダンの楽器はブリチアルディキィのおかげもありフラット系も変わらず演奏できますし、フラット系の方が好きな人もいますよね(私はモダンでもシャープ系の方が楽ですが・・・)。
  そんなこんなで、今日はモダンフルートを1秒も吹かずに終わりそうです。今後はバロックとモダン、両サイドからいろいろなことを考察していきたいと思います

 今日は暑いですね茅ヶ崎も良いお天気で、私は家でのんびりしております(笑)なぜ自宅待機をしていたかと言うと、荷物が届くのを待っていたのです・・・!久しぶりに自分のために楽器を買いました。それがこちら!
imageフラウト・トラヴェルソ!!
Amazonで安く出ているのを数年狙っていました。学生時代から500円玉貯金をしていたのですが、気づいたらこれを楽々買えるくらいの額溜まっていることが判明。先月誕生日だったので、自分への誕生日プレゼントということで遂にポチりました。もちろんこの楽器はバロック・ピッチ(A=415Hz)。とっても吹きやすく、想定以上によくできています。
 「トラヴェルソ」 は18世紀、J.S.バッハが活躍した時代の楽器でして、その辺の時代の曲を勉強するのにぴったり。モダンの笛とは音色も、音程感も、もちろん運指も違います。これは毎日遊んでしまうなぁ・・・自分の引き出しを増やしていくためにも、これからはモダンとの二刀流を目指してみたいと思います。

このページのトップヘ