なかなかゆっくりブログを書く時間がなく、更新が飛び飛びですみません7月から本格的に吹奏楽コンクールシーズンが始まるため、今のうちにしておきたい作業があり・・・ 。

 さて、今日はフルートを吹くときに唇(正確にはその周りの口輪筋)に力が入りすぎて、力を抜きたくても抜くことができず、 硬くなってしまうという症状について。私自身も、大学でフルートを学んでいる頃そのような症状がありました。来るところまで来てしまった頃、本番前日の練習は30分以下にとどめ、当日も極力吹かないで過ごして本番をなんとか吹き切る、という感じでした。本番中も最初はそこそこ音が出ているのですが、曲の最後に向かうにつれてアパチュア(唇の間にできる穴)が締まる一方で、最後まで吹いた後はもう吹けない、という程に唇の周りが疲労する始末。もちろん自分でも唇の周りの筋肉を使いすぎていることに気付いていましたし、その頃の先生にも「上唇の力を抜いて」「柔らかく」と言われていましたが、「そんな事は分かっているし、できりゃ苦労しないんだよ』と内心は激おこでした(笑)そんなこんなで、大学4年間は唇が硬くなるという症状との付き合いでほとんど終わってしまいましたね。 
 無論どうしたら良くなるかを四六時中考えていました。何かをちょっと変えたら一瞬良くなって希望の光が見えても、数日でまた調子を崩し・・・音がかすりもしなくて、フルートには向いていないのかもしれないと半ベソの日もありました そこで気づきました。ちょこちょこ角度やら何やらをいじっても無駄である、ということに。

続きを読む