湘南茅ヶ崎のフルート教室

茅ヶ崎在住のフルート奏者の徒然日記
レッスンのこと、演奏のこと、その他もろもろ

2018年11月

 昨日お知らせしました、DLmarketさんのシステム障害に関しての続報です。版権が切れていないポピュラー音楽などのアレンジを、新たな販売先で掲載することにいたしました。

◆同人音楽の森◆
「フルートアンサンブル工房」

 現在は1曲のみ(この問題が発覚した際、お客様からご購入のリクエストがあった作品)を掲載していますが、順次クリスマス作品などからアップしていきたいと思います。
 私としてはできれば今後もDLmarketさんで販売を継続したいのですが・・・復旧のめどが立たず、お客様へご迷惑をお掛けしている状況ですので、急遽このような形にしました。一時的なお引越しとなることを願って・・・。
 一方で、同人音楽の森さんも大変丁寧に運営されていて良い印象を受けたので 、この度利用するに至りました。勝手は違いますが早く使いこなせるように頑張りたいと思います。今回の件により、ご利用のお客様にはご迷惑をおかけしました。大変申し訳ありませんでした。
 新たなサイトもどうぞよろしくお願いいたします


 余談・・・「フルートアンサンブル工房」というネーミング、個人的に気に入ってしまって(笑)もともと個人で運営しているサイトのタイトル(フルートアンサンブル楽譜shop)がダサいので、こちらも「工房」に統一したくなってきた今日この頃・・・

 私自身も把握するのが遅れてしまい、一部のお客様にはご迷惑をおかけしてしまったのですが、版権の切れていない楽曲の編曲作品を置かせて頂いているDLmarket(ダウンロードマーケット)さんが、システム障害につきご利用いただけない状態となっています。復旧の目処が立っていないようで、こちらとしてもクリスマスを控えたこの大事な時期に、大変困ってしまいましたDLmarketさんにて販売している作品を購入したいというお声も頂いているのですが、販売ができないのが現状です・・・。
 そこで、別のサイトさんで一部作品を販売する準備をしております。勝手が違うので若干手間取っておりますが、今週中には販売ができる見込みです。新たな販売先で販売が開始されましたら、こちらのブログにてお知らせいたしますので、ご利用予定のお客様はチェックしていただければ幸いです。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
 なお普段PD(版権の切れている)楽曲の編曲作品を置いているサイトは通常営業中ですクリスマスメドレーが今年も大人気新たにカルテットバージョンも仲間入りしていますので、ぜひチェックしてみてください

 フルートを吹く際に、「息の方向」というワードはよく出て来ます。歌口のエッヂにどういう方向(角度)で息を吹き付けるか、とかそういった事を考える場面でよく使います。ですが今日はその話ではありません。もっと根本的な部分…肺に溜めた空気をどこを目掛けて出すのか、というお話です。
 色々な方をレッスンしていると、音が暗くなってしまうという問題によくぶつかります頭部管の角度、顔の角度、アンブシュア等々…考えられる要因はいくつかあるのですが、そもそも息を吐く時のイメージがあまり良くないという場合もかなりあります。
 吸った息は気管を通って肺に溜まります。吐く時には、ガス交換を終えた空気が再び気管を通り、口の中に入って唇から出て行きます。ここまでは当たり前の事なのですが、管楽器の演奏の時はこの息の通り道を複雑に感覚してしまいがちです。特に、気管を通り過ぎた後…喉のあたりから口の中、唇にかけての通り道を意識しすぎてしまう事があります。喉のあたりに、息を押し出そうとするような力みは無いでしょうか?時々吹いている間にのどが鳴ってしまう方もいます。
 私はこう考えるようにしています。呼気が軟口蓋(口の天井、舌で触れます)に当たったら、後は勝手に歌口の方へ行ってくれます。唇や喉で何かしようとする必要は全くありません。変に意識をすると空気の通り道が複雑になり、響きのない音になったり、伸びのない音になったり…結果音程も低くなるなど、様々な問題が起こります。
 なのでイメージとしては、口から正面に息を吐くというより、軟口蓋や頭のてっぺんに向かって身体の底から息を当てる感覚です。口から吐くイメージだと、肺から来た空気を喉や口で一旦折り曲げて出すような感覚になりがちなので、その工程は無くしてしまいましょう。
 ついでに息を吸う時にも、口から食べるように息を吸うのは良いイメージではありません。飲み物や食べ物を嚥下する筋肉は、呼吸と関係ないからです。それよりも、頭の上から身体の下の方へ向かって、空気がドッと入ってくるようなイメージを持つと良いようです。空気は上から下、下から上に動くだけ。前後の動きは考えないようにしてみましょう。

_._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._

◆重要なお知らせ◆【教室レッスンの一時休止とフルートのオンラインレッスン開講のお知らせ】2020.4.

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いております。また、首都圏に緊急事態宣言が出されることとなりました。当教室でも講師とお客様の感染リスクを考え、4月中の教室レッスンは中止と致します。また体験レッスンも一時休止させて頂きます。教室レッスンの再開時期につきましては、政府や神奈川県からの要請等を加味しながら判断したいと思います。ご理解いただければ幸いです。
 これに伴いまして、この度オンラインレッスンを開講することと致しました。パソコンやスマートフォンがあれば、ウェブ会議システムを利用して全国どこからでもレッスンが受けられます。お使いのパソコン・スマートフォンでちゃんとレッスンができるかどうかの確認も兼ねて、体験レッスン(無料)を実施しますので、お気軽にお申込みください。詳細は教室ホームページをご覧ください。 

このページのトップヘ