湘南茅ヶ崎のフルート教室

茅ヶ崎在住のフルート奏者の徒然日記
レッスンのこと、演奏のこと、その他もろもろ

カテゴリ: レッスンの様子


 今日はパソコン作業が捗りますな・・・(笑)こちらも最近のアレンジ作品です。楽譜は現在浄書中ですので、近日中に発売できるように準備しておりますが、ひとまず音源ができたので公開します。
 ドラマ「のだめカンタービレ」でもお馴染み。第1話、千秋がビエラ先生のことを思って切ない気持ちになっているシーンでまず流れるのがこの曲です。ずっと素敵な曲だなと思っていたのですが、改めてスコアを見たらフルートは出番が無い・・・我々には一生オケでこの曲を吹く機会はないということですね・・・そこで悔しいのでフルートだけで書いてしまいました(笑)原曲が良いので、録音がとても楽しかったです

フルートアンサンブルのアレンジ楽譜販売
フルートアンサンブル音源チャンネル


 本日2本目はシャミナードのコンチェルティーノのカラオケ音源です。インテンポVer.なので、ゆっくりさらいたい方は再生速度を調整してください

チャンネルには、他にもフルートの名曲の伴奏音源をたくさん載せていますので、よろしければご利用ください
伴奏音源チャンネル

再生速度の調整方法
スクリーンショット 2020-09-23 12.42.46右下の歯車マークをクリックすると、このような画面が出てきます。
その中の「再生速度」の欄をクリック。







 
スクリーンショット 2020-09-23 12.42.58デフォルトでは「標準」にチェックが入っていますので、遅くしたい場合は「0.75」や「0.5」を選びましょう。遅くしすぎると音が途切れたりしますので、 「0.75」が限界かと思います。

 
 今日はオンラインの生徒さんの練習用にフォーレのファンタジーの伴奏音源をアップしました!Allegroからのテンポは少しゆっくりめです。テンポ違いの動画も作る予定ですが、これより遅くしたい場合は再生速度を調節してお使いください!

チャンネルには、他にもフルートの名曲の伴奏音源をたくさん載せていますので、よろしければご利用ください
伴奏音源チャンネル


再生速度の調整方法
スクリーンショット 2020-09-23 12.42.46右下の歯車マークをクリックすると、このような画面が出てきます。
その中の「再生速度」の欄をクリック。







 
スクリーンショット 2020-09-23 12.42.58デフォルトでは「標準」にチェックが入っていますので、遅くしたい場合は「0.75」や「0.5」を選びましょう。遅くしすぎると音が途切れたりしますので、 「0.75」が限界かと思います。

image まだまだコロナウイルスとは長い付き合いになりそうですね
 そんな中、5月に注文していた装置がようやく届きました「エアロピュア」という空間除菌消臭装置です。他社の空気清浄機もあるのですが、やはりウイルスをやっつける効果のあるものが良いなと思い探していたところ、たまたまコロナウイルスにも効果ありとテレビで紹介されていたものです。「深紫外線LED」で空間に浮遊するウイルスのDNAを変性させて増殖を抑制したり、アレルギー物質を分解したりするそう。これを置いたからといって100%安心とは言えませんが、対策の一助になるのであれば・・・
 現在当教室ではこのような装置の設置以外にも、透明パーテーションでの仕切り、共有物の消毒、レッスン前後にサーキュレーターを使用した換気を実施。アルコール消毒液と非接触体温計も装備しています。お互いに安心してレッスンができるよう、今後も対策を続けてまいります

日機装 Aeropure(エアロピュア) 空間除菌消臭装置

 来週から教室でのレッスンとなりますが、この長い自粛期間で私が主にやっていたことと言えば、楽譜を書いたり、それを一人で多重録音してYouTubeに上げたり、勤めている学校のために授業動画を作ったり(これがなかなか大変でしたが、ますますYouTuber化に拍車がかかりました)、レッスンに来られない生徒さんが遊べるように伴奏音源を山ほど作ったり(こちらからどなたでもご利用になれます!)、ホームページを作り直したり・・・。引きこもりにぴったりの作業がたくさんあったので、日に当たらずも案外忙しく過ごしていました
IMG_0911 で、ただいま取り掛かっているのはとある生徒さん専用の伴奏音源制作。オンライン審査のための伴奏音源です。パソコンにつないだ電子ピアノを弾いて録音し、とりあえずたたき台を作ってそれをご本人に送り、大まかなテンポ設定を探りながら、どれくらいならブレスが持つかなどを想像して細かいところを合わせていきます。地道です。
 最初は合わなくて不安がっていた生徒さんも、修正したものを送ったところ「吹きやすくなった!」とのこと。よかったぁ・・・ まだ調整は必要でしょうが、またオンラインでレッスンした時に調整していけば、かなりぴったりの音源ができる予感・・・

 大変ありがたいことに、来週はなぜか体験レッスンが複数入りまして・・・。こういうことって敬遠されるのかなと思っていましたが、この間に教室を探したくても探せなかった方々が一定数いらっしゃるのかもしれませんね・・・。感染予防対策をできる限り施してお待ちしております

 オンラインレッスンにもだいぶ慣れてきたところで、緊急事態宣言の終わりも見えつつあります。しかし、解除だ!さぁレッスン再開!という訳にはいきません・・・。
 フルートという楽器は管楽器の中で最も飛沫が飛びます。つまり、感染のリスクが常に伴います。こまめな換気が必要なのはもちろんですが、飛沫対策がとても重要だと思います。そのうち誰か技術のある人がフルート用のフェイスシールドを作ってくれると期待しているのですが、まぁ吹きにくいと思います・・・。今はどこのスーパーやコンビニでも透明のシートを下げていますが、これはもう普通の光景として続いていくのだと覚悟をしなければいけないのだと思います。今だけではなく、これからもずっとです。
 そんな新しい日常でフルートを吹いていくにはどうするべきなのか。オンラインはこれからも継続していくことになるでしょうし、これができない先生は淘汰されていく可能性すらあります(宣伝していかなくちゃ・・・笑)。 ここだけの話、教える人には対面レッスン以上のスキルが必要だということもよく分かりました。特にオンライン上で初めてお会いする人へのレッスンは本当に難しい・・・生音を聞いたことがないですからね。いろんな想像力を働かせ、これまでの指導経験を総動員してレッスンをしなければなりません。これってどの先生にでもできることではないと思います、向き不向きがかなりあるなと・・・。私も少しでも良い内容・楽しいお時間を提供すべく、日々模索しています。
 そしてもっと具体的な部分、アルコールでの手の消毒、検温なども新しい習慣として残っていくと思います。そして本日、私のレッスン室にもついに透明のパーテーションを設置しました。ぼんやりしていると売り切れそうだったので、レッスン再開に先駆けて注文。
IMG_0894これを隔てないとレッスンができないなんて、本当に悲しいですが・・・それでもオンラインではできない生音のやりとりがこれで出来るなら、という思いです。私が移さない為というのはもちろんですが、生徒さんたちからも私に移さないようにと大変お気遣いを頂いているので、そのような心配もこの板によって少しは軽減できるでしょうか・・・。
 様々な業種の方がいろんな葛藤の中で日々を過ごしていると思います。音楽家もそうです。音楽が必要ないものとはされないにしても、どうやって生き残っていくか、もしくは違ったサービスを生み出すのか・・・新型コロナウイルスによって世の中の色々な部分が露呈される中、自分がどう生きていきたいのかを考える今日この頃です。
・・・なんだか真面目な話になってしまいました(いつも真面目です!笑)。 

 色々書こうと思っていたのに、気づけば5月も終わりが見えてきました。意外とあっという間に自粛期間が過ぎております・・・。なぜかと言うと、案外やることがたくさんあって、それなりに忙しかったからです(笑)
 忙しかったのにはいくつか理由がありますが、一つは伴奏音源作成。対面のレッスン時、私はいつも生徒さんの伴奏をするのですが、現在はそれができません。zoom等は音の遅延があるためアンサンブルはできませんし、現在はネットデュエットを試していますが、それも皆が使えるわけではありません。でも生徒さんにはハーモニーの中で是非練習を続けて欲しいという思いがありました。
 そこで、YouTubeに伴奏の音源をどんどんあげることにしました。基本は私の生徒さん向けに作っているので内容は偏っていますが 、中にはお使いいただけるものもあるかもしれませんので、どなたでも制限なくご利用いただけるように一般公開となっております。曲によって、テンポもいくつかご用意したり、なかなか個人練が難しい曲にはメトロノーム付きバージョンもご用意しています。
だいぶ曲数が増え見にくくなってきましたので、再生リストからご覧いただくのが良いと思います。よろしければご利用ください!

YouTubeチャンネル 

例えばこんな曲とか・・・

例えばこんな曲も・・・

基本は名曲集が中心です。 
よろしければ、お家での練習にお役立てください。オンラインレッスン中に手元で流しながら吹いて、先生に聞いてもらうのも良いですね! 

 オンラインレッスンにも少しずつ慣れてきました。現在は主にzoomで行なっています。BlogPaint
 オンラインの難しいところとしては、やはりスマホやパソコン上での設定です。最初からスムーズに始めるためには、あらかじめ必要な設定をしておく必要があります。zoomの場合、スマホアプリなどでは初期設定でマイクやビデオがオフで起動するようになっているようで、webレッスンが始まってからではその変更ができないようです・・・。設定を変えるには一旦webレッスンから退出して、アプリの設定を変えてからもう一度入室していただく必要があります。
 また、「オリジナルサウンドをオン」にしておかないと、楽器演奏の場合は音量が自動でコントロールされてしまい、ちょっとした抑揚がついただけで音が消えてしまったりします。
以下にパソコン版zoom、スマホ版zoomにおける音声設定の方法をご紹介します。これからレッスンでzoomの利用を考えている方、実際に使ったけど上手く音が出なかった方は参考になさってください。

パソコンのzoomアプリの設定
BlogPaint①アプリの起動時画面の右上の「歯車(?)マーク」をクリック
(画像をクリックすると拡大表示できます)





BlogPaint「オーディオ」を選択
(画像をクリックすると拡大表示できます)





BlogPaint③右下の「詳細」ボタンをクリック
(画像をクリックすると拡大表示できます)





BlogPaint「インミーティングオプションをマイクから“オリジナルサウンドを有効にする”に表示」にチェックを入れる
*「連続的な背景雑音の抑制」「断続的な背景雑音の抑制」も無効化にしておいたほうが良さそうです
(画像をクリックすると拡大表示できます)


スマホアプリの設定
BlogPaint①アプリのホーム画面、右下の「設定」をタップ
(画像をクリックすると拡大表示できます)










BlogPaint「ミーティング」をタップ
(画像をクリックすると拡大表示できます)










BlogPaint③初期設定では「自分のマイクを常にミュート」と「自分のビデオを常にオフ」がオン(緑色)になっていることがあります。これをWeb会議が始まる前に切っておかないと、いくら頑張っても会議に参加できないという事態になるので、必ずこれをオフ(白、写真の状態)にしておきます。
(画像をクリックすると拡大表示できます)






BlogPaint④上記の設定画面をさらに下へスワイプしていくと、「オリジナル音声を使用」という項目があります。楽器のレッスンの時はこれをオン(緑色、写真の状態)にしましょう。
(画像をクリックすると拡大表示できます)



 




 以上が、レッスン前にしておくと良い設定です。また、トラブルが起きた時のために、webレッスンを受ける端末とは別の端末でお互いに連絡が取れるようにしておくとスムーズです。
 オンラインレッスンが、これからの世の中ではスタンダードになっていくのかもしれません・・・早く対面でのレッスンを再開したいですが、このようなレッスンの形にも慣れていかねばならない時代なのかもしれません


_._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._

◆重要なお知らせ◆【教室レッスンの一時休止とオンラインレッスン開講のお知らせ】2020.4.

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いております。また、首都圏に緊急事態宣言が出されることとなりました。当教室でも講師とお客様の感染リスクを考え、4月中の教室レッスンは中止と致します。また体験レッスンも一時休止させて頂きます。教室レッスンの再開時期につきましては、政府や神奈川県からの要請等を加味しながら判断したいと思います。ご理解いただければ幸いです。
 これに伴いまして、この度オンラインレッスンを開講することと致しました。パソコンやスマートフォンがあれば、ウェブ会議システムを利用して全国どこからでもレッスンが受けられます。お使いのパソコン・スマートフォンでちゃんとレッスンができるかどうかの確認も兼ねて、体験レッスン(無料)を実施しますので、お気軽にお申込みください。詳細は教室ホームページをご覧ください。

 星野源さんの「うちで踊ろう」が大変話題になっていますね。私は元来そういうものには便乗しない主義なのですが(笑)、楽譜が欲しいとの依頼を受けまして、フルートアンサンブル用に編曲しました
 楽譜は三重奏でも四重奏でも演奏できるようになっています。また原曲のコードに沿って編曲しましたので、星野源さんの歌と一緒に演奏できます。この楽曲は星野源さんのご厚意で版権フリーになっていますので、この楽譜も無料配布しております。楽譜のダウンロードはこちらより。
 フルートアンサンブルの楽譜の制作はもちろんですが、録音も全部自前でして、この演奏もGaragebandというソフト(macに標準装備されています)を利用して多重録音しています。毎日こんなことばっかりやっています・・・

_._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._

◆重要なお知らせ◆【教室レッスンの一時休止とオンラインレッスン開講のお知らせ】2020.4.

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いております。また、首都圏に緊急事態宣言が出されることとなりました。当教室でも講師とお客様の感染リスクを考え、4月中の教室レッスンは中止と致します。また体験レッスンも一時休止させて頂きます。教室レッスンの再開時期につきましては、政府や神奈川県からの要請等を加味しながら判断したいと思います。ご理解いただければ幸いです。
 これに伴いまして、この度オンラインレッスンを開講することと致しました。パソコンやスマートフォンがあれば、ウェブ会議システムを利用して全国どこからでもレッスンが受けられます。お使いのパソコン・スマートフォンでちゃんとレッスンができるかどうかの確認も兼ねて、体験レッスン(無料)を実施しますので、お気軽にお申込みください。詳細は教室ホームページをご覧ください。

 防音室にこもって何時間もレコーディングする日々が続いております・・・割と引きこもり体質なのかもしれません(笑)
 さて、既存の生徒さんのオンラインレッスンがぼちぼち始まりました とにかくまず久しぶりに外界の人と会話したのが嬉しくて仕方がありませんでした(笑)途中で私のパソコンの通信が不安定になってしまったので、途中でスマホに変えたりというトラブルはありましたが(原因は不明・・・)、それ以外はいたってスムーズにできました。
 昨日はzoomを利用したのですが、必ずしなくてはいけない設定があります。「オリジナルサウンドをオン」にしておかないと、アプリが勝手に音量のコントロールをしてしまい、ちょっとした抑揚で音が切れてしまいます。最低限これさえ設定しておけば大方音声は問題ありません(さらに雑音を消さないような設定にするとよりクリアになるかもしれません・・・研究の余地あり)。
 バッハのシチリアーナを課題にしていたので伴奏音源を作って生徒さんに送り、それを流して吹いてもらいましたが、これはなかなか上手くいかないもので・・・。生徒さんがzoomを開いているパソコンから流したので、ピアノの音ばっかりが私に聴こえてきて肝心の笛の音が途切れ途切れに・・・。ビデオ通話をしていない別のデバイスで、譜面台の上から流してもらったりする必要がありますね。スマホでしかテレビ通話ができない人にはこの方法が使えません・・・。伴奏音源は個人練習で楽しむ用ということでも良いのですが
 オンラインレッスンで難しいのは、やはり音色に対する指摘です。機械を通した音を聴いて実際にどんな音が出ているのかを想像し、良い状態なのか否か、改善点がある場合は具体的な解決策を示さなければなりません。ここは慎重に判断しないといけないので、「私にはこんな風に聞こえるのですが、ご自分ではどうでしょうか・・・?」と確認をしたりして、丁寧にアドヴァイスをする必要があると感じました。逆に普段は殆ど一方通行で私から「こうなってますね」と指摘することが多いので、生徒さん的には問いかけられると自分の音をもっと気をつけて聴く習慣になるかもしれません。
 自宅練習が楽しくなるように、伴奏音源を作りまくったり資料を整理したりと、色々な工夫をして生徒さんに提供したいと思います

このページのトップヘ